★Search* 検索
最新エントリー
カテゴリー
英語学習塾トップ > 基本の英文法

be動詞 is,am,are その1

be動詞"is,am,are"は「〜です」と訳すことが多いです。
主語の状態や性質、または位置を表すときに使いますね。

"be動詞 is,am,are その1"の詳しい説明を見てみる

be動詞 is,am,are その2

be動詞の後に、名詞ではなく形容詞をもってくると
主語の性質や状態などを表すことができます。

"be動詞 is,am,are その2"の詳しい説明を見てみる

be動詞 is,am,are その3

be動詞の後に続くのは、名詞や形容詞だけではなく
前置詞句と呼ばれるものが続く場合もあります。

"be動詞 is,am,are その3"の詳しい説明を見てみる

be動詞 was,were

be動詞"was,were"は過去の事を表現するときに使われます。

"be動詞 was,were"の詳しい説明を見てみる

be動詞の否定文 その1

be動詞を用いた文章の場合、be動詞の後に notを持ってくると、
否定文にすることができます。

"be動詞の否定文 その1"の詳しい説明を見てみる

be動詞の否定文 その2

be動詞の否定文で、be動詞と "not"の短縮の仕方を見ていきます。

"be動詞の否定文 その2"の詳しい説明を見てみる