★Search* 検索
最新エントリー
カテゴリー
英語学習塾トップ > 基本の英文法 > be動詞の否定文 その2

be動詞の否定文 その2

be動詞を使った文章の否定文は、
be動詞の後に "not"を付けるだけで作ることができます。
詳しくは「be動詞の否定文 その1」を見てください。

今回は否定文の短縮形を見ていきたいと思います。

be動詞の後に "not"を付けると否定文になりますが、
通常、書き言葉でも話し言葉でも短縮形を使うことが多いです。
そして、短縮の仕方には2種類あります。

例えば

 He is not a pilot. (彼はパイロットではありません。)

の場合

 He isn't a pilot.
 He's not a pilot.

の2種類あります。

意味はほとんど変わりませんが、
後者のほうが否定の度合いが若干強くなります。
もちろん口語の場合、言い方にもよりますが。

同じように

 You are not → You aren't もしくは You're not
 They are not → They aren't もしくは They'er not
 It is not → It isn't もしくは It's not
 She is not → She isn't もしくは She's not

といった感じになります。

ただ、例外として主語が "I "の時は
"I amn't"とという表現はせず、"I'm not"と言うのが一般的です。


トラックバック (0)