★Search* 検索
最新エントリー
カテゴリー
英語学習塾トップ > 基本の英文法 > be動詞 is,am,are その1

be動詞 is,am,are その1

英語の基本中の基本であるbe動詞"is,am,are"。
主語の状態や性質、または位置を表すときに使われ、
「〜です」と訳されることが多いです。
簡単なようで、なかなか手ごわい相手でもあります。


"is,am,are"はどれも同じ意味になりますが、
主語によって使い分けをしないといけません。

主語が
 "I" の時、be動詞は"am"になります。
 "you"もしくは複数(weやthey)のときは"are"です。
 それ以外のときはすべて"is"です。


では、be動詞を使った文をいくつか見ていきましょう。

 I am a student. (私は生徒です)
 she is Japanese. (彼女は日本人です)
 They are doctors. (彼らは医者です)

主語("I "や"she"など)と名詞("student"や"Japanese"など)
をbe動詞でつないで「主語は名詞です。」という
意味の文を作ることができます。


"is,am,are"の使い分けは覚えるしかありません。
慣れれば難しくありませんよ。

 Taro is twenty years old. (太郎は二十歳です)
 You are a girl (あなたは女の子です)
 She and I are Japanese. (彼女と私は日本人です)

一番下の文は、"she"と"I "の2人が主語なので
be動詞は"are"になります。


トラックバック (0)