★Search* 検索
最新エントリー
カテゴリー

「恥ずかしい」と伝える

恥ずかしがり屋という性格を表すときは"shy"を使いますが、
「恥ずかしい」という気持ちを表す時には"shy"ではなく別の単語を使います。

"「恥ずかしい」と伝える"の詳しい説明を見てみる

It's OK. の心

It's OK.にはあまりポジティブな意味はありません。
日常会話では良く使われるので、そのニュアンスを知っておきましょう。

"It's OK. の心"の詳しい説明を見てみる

be動詞の否定文 その2

be動詞の否定文で、be動詞と "not"の短縮の仕方を見ていきます。

"be動詞の否定文 その2"の詳しい説明を見てみる

Who cares? 「誰が気にするんだ?」

誰かが言ったことなどに対して、「(そんなこと)誰も気にしないよ」
とか「一体誰が気にするんだ?」と言いたいときに使う表現です。

"Who cares? 「誰が気にするんだ?」"の詳しい説明を見てみる

be動詞の否定文 その1

be動詞を用いた文章の場合、be動詞の後に notを持ってくると、
否定文にすることができます。

"be動詞の否定文 その1"の詳しい説明を見てみる

Never mind. 「気にしないで」

「気にしないで」と相手に声をかけるときに便利な口語表現 Never mind.
さりげなく使えるようになると、いいですね。

"Never mind. 「気にしないで」"の詳しい説明を見てみる

I wish I could 「できたらいいんだけどなぁ」

I wish I could 「できたらいいんだけどなぁ」という
会話の中で比較的使いやすい仮定法を解説しています。

"I wish I could 「できたらいいんだけどなぁ」"の詳しい説明を見てみる

be動詞 was,were

be動詞"was,were"は過去の事を表現するときに使われます。

"be動詞 was,were"の詳しい説明を見てみる

be動詞 is,am,are その3

be動詞の後に続くのは、名詞や形容詞だけではなく
前置詞句と呼ばれるものが続く場合もあります。

"be動詞 is,am,are その3"の詳しい説明を見てみる

be動詞 is,am,are その2

be動詞の後に、名詞ではなく形容詞をもってくると
主語の性質や状態などを表すことができます。

"be動詞 is,am,are その2"の詳しい説明を見てみる